『大亜細亜』第四号を発行しました

2017年12月07日

大アジア研究会の機関紙である『大亜細亜』第四号を発行致しましたのでご覧ください。

ダウンロードはこちら

本号目次は以下の通りです。

目次
一面 巻頭言(折本龍則)

二面 玄洋社と久留米藩難事件(坪内隆彦)

三面 アジア主義に生きた杉山家の伝承④ (杉山満丸)

六面「漢口楽善堂の人々」(浦辺登)

八面 右翼から国士へ(小野耕資)

十一面『アジアの夜明け』②(原作・草開省三/要約・原嘉陽)

十五面 樽井藤吉と明治維新発祥記念碑(仲原和孝)

十六面 書評・浦辺登著『玄洋社とは何者か』(小野耕資)

十七面 史料・「中野正剛氏との最期の会見の思出(昭和二十年十月一日記)」

十九面 連載 大亜細亜医学の中の日本④(坪内隆彦)